找回密码
 注register册

QQ登录

只需一步,快速开始

扫一扫,直接登录论坛

查看: 163|回复: 2

[〖SWITCH〗] [2019年8月22日]片恋いコントラスト collection of branch[triAngle PROJECT 第2弾 3合1 switch移植][04/09更新]

[复制链接]   [短链接] http://otome.cn/?811815   [阅读权限=2]
发表于 2019-3-29 10:46:33 |阅读模式
V0JSQkc=8NHMZY
【乙女向】
类型: 女性向け恋愛ADV
发售日期: 2019-08-22
官方网站: http://www.otomate.jp/triangle/contrast/switch/
制作公司: オトメイト
原画: ウダジョ
剧本:
本帖最后由 卡卡的碟 于 2019-4-10 11:01 编辑 [j]8NHMZY OPDYQO[/j]

[j]8NHMZY OPDYPT[/j][j]8NHMZY OPDYQ9[/j]
————————————————————————————————————————————————————————————————
[j]8NHMZY OPDYQE[/j]2019/04/09
[j]8NHMZY OPDYQ6[/j]ギャラリー 更新[j]8NHMZY OPDYPI[/j]

[j]8NHMZY OPDYPL[/j]                               
需要注册成功才可查看大图
[j]8NHMZY OPDYQT[/j]
橘川冴子「……!!」
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]近くの茂みから、
[j]8NHMZY OPDYPC[/j]何かが動き回る音がする。
[j]8NHMZY OPDYQW[/j]橘川冴子「よーし……」
[j]8NHMZY OPDYQY[/j]思い切って背の高い草の間に足を踏み入れ、[j]8NHMZY OPDYQV[/j]
ほとんど四つん這いになって姿を探す。
[j]8NHMZY OPDYQT[/j]橘川冴子「おーい……どこにいったのー?」
[j]8NHMZY OPDYQ6[/j]ハリネズミ「ピーッ」
[j]8NHMZY OPDYQU[/j]橘川冴子(……あそこね)
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]音を頼りに茂みの出口へ近づいていき、
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]そして……
[j]8NHMZY OPDYQQ[/j]橘川冴子「み~つけたっ!」
[j]8NHMZY OPDYPB[/j]ばっと飛び出して、[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
ハリネズミを捕まえようとした。
[j]8NHMZY OPDYQA[/j]けれど、私の目に飛び込んできたのは――
[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]???「……え?」
[j]8NHMZY OPDYQ0[/j]橘川冴子「あ……」
[j]8NHMZY OPDYQF[/j]???「…………」
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]驚いた顔でこちらを見つめる、
[j]8NHMZY OPDYQQ[/j]男子生徒の姿がそこにあった。[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]

[j]8NHMZY OPDYQD[/j]変なところを見られて恥ずかしいとか、[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
こんなところに出くわして気まずいとか、
[j]8NHMZY OPDYQE[/j]思うべきことは色々あったはずだ。
[j]8NHMZY OPDYQN[/j][j]8NHMZY OPDYQG[/j]
でも、その『色々』も忘れて、
[j]8NHMZY OPDYQ4[/j]彼の頬を伝う一筋の涙に釘付けになる。
[j]8NHMZY OPDYQ2[/j]???「君は……」
[j]8NHMZY OPDYPG[/j]橘川冴子「あっ! えっ、えっと……!」
[j]8NHMZY OPDYQ1[/j]我に返るものの、すぐに言葉が出てこない。[j]8NHMZY OPDYQ7[/j]
すると、その男子生徒はシャツの袖口で、
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]頬を伝う涙を無造作に拭った。
[j]8NHMZY OPDYQ7[/j]???「……もしかして君も新入生?」

[j]8NHMZY OPDYQH[/j]

[j]8NHMZY OPDYPI[/j]                               
需要注册成功才可查看大图
[j]8NHMZY OPDYPH[/j]

[j]8NHMZY OPDYQZ[/j]

[j]8NHMZY OPDYPM[/j]                               
需要注册成功才可查看大图
[j]8NHMZY OPDYQH[/j]
椎葉亜樹那「冴子っ……!」
[j]8NHMZY OPDYPP[/j]橘川冴子「っ!?」[j]8NHMZY OPDYQP[/j]
人ごみを掻き分けてやってきた亜樹那が、
[j]8NHMZY OPDYQA[/j]脇目も振らずに私を抱き締める。
[j]8NHMZY OPDYPU[/j][j]8NHMZY OPDYPX[/j]
──それも、驚くほど強い力で。
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]橘川冴子「あ、亜樹那……?」
[j]8NHMZY OPDYPU[/j]さっき、男の子が道路に飛び出したのを見た時も、
[j]8NHMZY OPDYPX[/j]すごくドキドキした。
[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]
[j]8NHMZY OPDYPL[/j]助けなきゃ。[j]8NHMZY OPDYQ2[/j]
私がひかれるかもしれない。
[j]8NHMZY OPDYPK[/j]でも助けなきゃって。
[j]8NHMZY OPDYQX[/j]
[j]8NHMZY OPDYQU[/j]だって、誰かが死んでいたかもしれないのだ。
[j]8NHMZY OPDYQK[/j]平常心でいられるはずがない。
[j]8NHMZY OPDYPU[/j]橘川冴子(でも、今も……)
[j]8NHMZY OPDYPN[/j]あの瞬間に負けないくらい、胸がドキドキして苦しい。
[j]8NHMZY OPDYPB[/j]それも、全然違った風に。
[j]8NHMZY OPDYPB[/j]椎葉亜樹那「良かった……冴子……」[j]8NHMZY OPDYQZ[/j]
椎葉亜樹那「店を……店を出たら騒ぎになってて……
[j]8NHMZY OPDYPT[/j]女子高生が子供を助けたって聞いて。
[j]8NHMZY OPDYQI[/j]俺は、お前が……」
[j]8NHMZY OPDYQ6[/j]橘川冴子(亜樹那……震えてる?)
[j]8NHMZY OPDYQ9[/j]椎葉亜樹那「そうだ……どこも怪我は?」[j]8NHMZY OPDYPG[/j]
橘川冴子「う、うん。ちょっと転んじゃって、
[j]8NHMZY OPDYPH[/j]擦りむいただけ」[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
椎葉亜樹那「…………」

[j]8NHMZY OPDYQV[/j]
[j]8NHMZY OPDYQF[/j]

[j]8NHMZY OPDYQU[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPI[/j]
???「亜樹那」
[j]8NHMZY OPDYPL[/j]橘川冴子(ん?)
[j]8NHMZY OPDYQA[/j]呼びかける声に顔を上げると、
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]一人の男の子がこちらへ近付いてくる。[j]8NHMZY OPDYPX[/j]
橘川冴子(わ……綺麗な子)
[j]8NHMZY OPDYPO[/j]整った顔立ちに浮かぶ、優しげな微笑み。
[j]8NHMZY OPDYPO[/j]ふわりと揺れる柔らかそうな髪の毛。[j]8NHMZY OPDYPH[/j]
橘川冴子(おとぎ話の王子様が現実に現れたら、
[j]8NHMZY OPDYQN[/j]こんな感じ……なのかも)
[j]8NHMZY OPDYPR[/j]橘川冴子(……というか彼、[j]8NHMZY OPDYPX[/j]
今『亜樹那』って言ったような……)
[j]8NHMZY OPDYPI[/j]椎葉亜樹那「和兎、どうした?」
[j]8NHMZY OPDYPL[/j]樫永和兎「どうしたじゃないよ。
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]これ、忘れていったからって
[j]8NHMZY OPDYQO[/j]おばさんが僕に預けてくれたんだよ」
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]『和兎』と呼ばれた男の子は、
[j]8NHMZY OPDYPC[/j]椎葉君へ一冊のノートを差し出す。[j]8NHMZY OPDYPC[/j]
橘川冴子(あ、数学の……[j]8NHMZY OPDYQ4[/j]
そういえば、今日までの宿題があったっけ)
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]椎葉亜樹那「ああ、サンキュ!
[j]8NHMZY OPDYPH[/j]朝練で急いでたからすっかり忘れてた」
[j]8NHMZY OPDYPO[/j]樫永和兎「全く、そそっかしいんだから亜樹那は」[j]8NHMZY OPDYQO[/j]
橘川冴子「…………」[j]8NHMZY OPDYPT[/j]
橘川冴子(どう見ても、椎葉君の友達だよね)
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]橘川冴子(普通……というか、
[j]8NHMZY OPDYPK[/j]普通よりちゃんとしてそうな人だけど)
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]

[j]8NHMZY OPDYPH[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPT[/j]

[j]8NHMZY OPDYPD[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPK[/j][j]8NHMZY OPDYQ3[/j]

[j]8NHMZY OPDYPK[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQS[/j]
橘川冴子(まずは相手を知ることが、大事……か)
[j]8NHMZY OPDYQT[/j]お試しのお付き合いをして、
[j]8NHMZY OPDYQ7[/j]彼を好きになれるかはわからない。
[j]8NHMZY OPDYPI[/j]橘川冴子(檜渡君が私を嫌になる場合もあるよね?)
[j]8NHMZY OPDYPU[/j]そっちの可能性の方が高い気がする。
[j]8NHMZY OPDYQS[/j]でも、檜渡君が、ここまで言ってくれてるし[j]8NHMZY OPDYPL[/j]
それでいいなら――[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
橘川冴子「檜渡君」[j]8NHMZY OPDYPS[/j]
檜渡鈴太朗「はいっ!」
[j]8NHMZY OPDYQY[/j]橘川冴子「わ、私でよければ……いいよ。
[j]8NHMZY OPDYQ8[/j]お試しで付き合っても」
[j]8NHMZY OPDYQ5[/j]檜渡鈴太朗「ほ、本当ですか!?」
[j]8NHMZY OPDYQF[/j]橘川冴子「うん、檜渡君の期待に
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]応えられるか、わからないけど。[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]
それでもいいなら……」
[j]8NHMZY OPDYQN[/j]檜渡鈴太朗「やった!! 俺、凄く嬉しいです!」
[j]8NHMZY OPDYQV[/j]橘川冴子「そ、そう?」
[j]8NHMZY OPDYQG[/j]橘川冴子(こんなに喜んでもらえることなのか……)
[j]8NHMZY OPDYQA[/j]檜渡鈴太朗「じゃあ、今日からお試しの彼氏ということで
[j]8NHMZY OPDYQ9[/j]よろしくお願いします!」
[j]8NHMZY OPDYQK[/j]橘川冴子「っ!」
[j]8NHMZY OPDYPI[/j]屈託のない笑顔を向けられて、ドキッとする。
[j]8NHMZY OPDYQ1[/j][j]8NHMZY OPDYPG[/j]
好意を寄せられていることは純粋に嬉しく思えた。

[j]8NHMZY OPDYQM[/j][j]8NHMZY OPDYPZ[/j]
[j]8NHMZY OPDYPW[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图
[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]
ポケットに入れっぱなしだった
[j]8NHMZY OPDYQD[/j]ガムをカバンに仕舞い、[j]8NHMZY OPDYQ6[/j]
ラジオを取り出した。[j]8NHMZY OPDYQ6[/j]
橘川冴子(えっと……
[j]8NHMZY OPDYQN[/j]どの辺まで聞いてたんだっけ?)
[j]8NHMZY OPDYQV[/j]???「……あ、ちょっと君!」
[j]8NHMZY OPDYQT[/j]橘川冴子「…………」[j]8NHMZY OPDYPI[/j]
???「ねえ、聞こえないのー? どいてくれないと――」[j]8NHMZY OPDYQ7[/j]
橘川冴子「……ん?」
[j]8NHMZY OPDYQE[/j]階段の踊り場に降り立った時、
[j]8NHMZY OPDYQP[/j]誰かの声が聞こえた気がした。
[j]8NHMZY OPDYPF[/j][j]8NHMZY OPDYQK[/j]
片耳のヘッドホンを少し耳から浮かせ、
[j]8NHMZY OPDYQN[/j]前方に目をやると――
[j]8NHMZY OPDYQ3[/j]???「あっ、危ない!!」[j]8NHMZY OPDYPH[/j]
橘川冴子「!!」
[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]橘川冴子「痛っ……!」
[j]8NHMZY OPDYPK[/j]大きな音と一緒に、[j]8NHMZY OPDYPH[/j]
何かにぶつかった衝撃と痛みが身体に走る。
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]咄嗟につぶった目を静かに開いた。
[j]8NHMZY OPDYPW[/j]橘川冴子「あ……」
[j]8NHMZY OPDYQG[/j]???「…………」
[j]8NHMZY OPDYPV[/j]目の前には、やたらに端正な顔。
[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]謝らなければいけないと、
[j]8NHMZY OPDYQ4[/j]頭では分かっているのに――[j]8NHMZY OPDYPT[/j]
まるで時が止まったように、彼から目が逸らせない。
[j]8NHMZY OPDYPK[/j]橘川冴子(この人、確か……)[j]8NHMZY OPDYQC[/j]
???「……大丈夫?」
[j]8NHMZY OPDYQ9[/j]橘川冴子「…………」
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]???「おーい、もしもーし」
[j]8NHMZY OPDYPR[/j]橘川冴子「あ! は、はい!!」

[j]8NHMZY OPDYQV[/j]
[j]8NHMZY OPDYQL[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPF[/j]
[j]8NHMZY OPDYQZ[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQK[/j]
何も言えずに唇を震わせていると、[j]8NHMZY OPDYQT[/j]
桐阪先輩の大きな手が、私の頭を撫でてきた。
[j]8NHMZY OPDYPT[/j]橘川冴子「あ……」
[j]8NHMZY OPDYQ4[/j]桐阪保「君が檜渡君を庇っても、俺は彼が悪いって言うよ。
[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]君がこれ以上、罪悪感で押しつぶされないように」[j]8NHMZY OPDYQN[/j]
橘川冴子「う……桐阪……先輩……」
[j]8NHMZY OPDYPH[/j]桐阪先輩の優しい言葉が、更に涙を溢れさせる。
[j]8NHMZY OPDYPY[/j]桐阪保「女の子を泣かせちゃうなんて、
[j]8NHMZY OPDYQ2[/j]俺も男として情けないね」
[j]8NHMZY OPDYQ0[/j]橘川冴子「桐阪先輩は……悪くないです。
[j]8NHMZY OPDYPS[/j]私を……励まそうとして、くれてるんですよね」
[j]8NHMZY OPDYPW[/j]桐阪保「……君は良い子だね。
[j]8NHMZY OPDYQI[/j]慰めるのに失敗したやつにも、気遣いができる」

[j]8NHMZY OPDYQN[/j]
[j]8NHMZY OPDYQP[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图
[j]8NHMZY OPDYQA[/j]
[j]8NHMZY OPDYQ5[/j]

[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPT[/j]
テーブルの下で膝に置いた手が少し震えていた。
[j]8NHMZY OPDYQ9[/j]こんな状況は初めてだ。[j]8NHMZY OPDYPV[/j]
こんなにも緊張するものだったなんて。
[j]8NHMZY OPDYPR[/j]
[j]8NHMZY OPDYPM[/j]今の私は先生の目にどう見えているんだろう?
[j]8NHMZY OPDYQT[/j]気になるけど、顔を上げることができなくて、[j]8NHMZY OPDYQ4[/j]
下を向いたまま言葉の続きを待った。
[j]8NHMZY OPDYQN[/j]楠見清孝「俺とお前は教師と生徒。[j]8NHMZY OPDYPH[/j]
踏み越えてはならない壁がある」[j]8NHMZY OPDYQT[/j]
橘川冴子(あれ……?
[j]8NHMZY OPDYPP[/j]これって……)[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
急に体温が下がっていくようだった。[j]8NHMZY OPDYPL[/j]
さっきまで胸の中で弾んでいた淡い期待は
[j]8NHMZY OPDYPD[/j]一瞬で不安に変わる。
[j]8NHMZY OPDYQ3[/j]楠見清孝「今日ではっきりさせようと思って誘ったんだ。
[j]8NHMZY OPDYQQ[/j]期待させて悪かったが、生徒とどうこうなるつもりは[j]8NHMZY OPDYQ3[/j]
一切ない」[j]8NHMZY OPDYPG[/j]
楠見清孝「勉強ももう見ないから安心しろ、[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
どうせいなくなる教師だ」
[j]8NHMZY OPDYQ8[/j]不安が現実になった。耐えられなくて
[j]8NHMZY OPDYQ2[/j]逃げ出しそうになったけど、立ち上がったところで
[j]8NHMZY OPDYQQ[/j]ぐっと堪えた。
[j]8NHMZY OPDYQ0[/j]
[j]8NHMZY OPDYQK[/j]ここで逃げたらまた今までと同じ。
[j]8NHMZY OPDYQN[/j]逃げたくない。逃げちゃいけない。
[j]8NHMZY OPDYQF[/j]
[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]堪えていたはずの涙がいつの間にか溢れ出していた。[j]8NHMZY OPDYQQ[/j]
止めようと思えば思うほど涙がこぼれて頬を伝う。
[j]8NHMZY OPDYQV[/j]楠見清孝「悪かったな」
[j]8NHMZY OPDYQC[/j]そう言って、先生は止まらない私の涙をそっと
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]拭ってくれた。
[j]8NHMZY OPDYQC[/j]
[j]8NHMZY OPDYPC[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图
[j]8NHMZY OPDYPP[/j]
???「なぁ、あの集まりは何だ?」
[j]8NHMZY OPDYQ0[/j]橘川冴子「え……?」[j]8NHMZY OPDYPC[/j]
振り向くと男子生徒が立っていた。
[j]8NHMZY OPDYPH[/j]橘川冴子(見たことない人だな。……制服が新しい?[j]8NHMZY OPDYPC[/j]
鞄も新しいし……この集まりのことを
[j]8NHMZY OPDYQC[/j]知らないってことは、もしかして新入生?)
[j]8NHMZY OPDYPV[/j]橘川冴子「あれは二年と三年のクラス発表で、
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]一年のクラス発表は向こう側の掲示板だよ」
[j]8NHMZY OPDYPF[/j]???「は……?」
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]橘川冴子「だから、一年のクラス発表はあっち。
[j]8NHMZY OPDYPP[/j]一番端に掲示板があるでしょ?
[j]8NHMZY OPDYQS[/j]こっちは二年と三年用」
[j]8NHMZY OPDYPO[/j]???「何言ってんだ?」
[j]8NHMZY OPDYQI[/j]橘川冴子「何言って……って、新入生でしょ?」[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]
???「おい、勝手に判断すんなよ。
[j]8NHMZY OPDYQ6[/j]馬鹿じゃねーの?」[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
橘川冴子「ばっ、馬鹿って……
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]人が親切に教えてあげてるのに!」[j]8NHMZY OPDYPC[/j]
???「判断まで頼んだ覚えはないっつーの。
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]ったく、年上ヅラすんなよな」

[j]8NHMZY OPDYQA[/j]
[j]8NHMZY OPDYQX[/j]
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQ5[/j]
椎葉亜樹那「……冴子」[j]8NHMZY OPDYPI[/j]
橘川冴子「!?」
[j]8NHMZY OPDYQ8[/j]橘川冴子(え、どうして……)[j]8NHMZY OPDYQ0[/j]
椎葉亜樹那「うん。やっぱり、[j]8NHMZY OPDYQI[/j]
こっちの方が呼びやすいな」
[j]8NHMZY OPDYQI[/j]椎葉亜樹那「決めた。これからはお前を、
[j]8NHMZY OPDYPB[/j]名前で呼ぶ。冴子って」[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]
橘川冴子「そ、そんな、急に言われても……」[j]8NHMZY OPDYQI[/j]
樫永和兎「…………」
[j]8NHMZY OPDYQH[/j]樫永和兎「亜樹那……どうかと思うよ?
[j]8NHMZY OPDYQH[/j]橘川さんも困ってるみたいだしさ」
[j]8NHMZY OPDYPC[/j]椎葉亜樹那「困る? どうして名前を呼ばれたら困るんだ」
[j]8NHMZY OPDYQZ[/j]橘川冴子「えっ」
[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]橘川冴子(って聞かれたら、余計困るんだけど。
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]別にいいのかな、呼び方ぐらい。
[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]椎葉君の好きにさせれば──)[j]8NHMZY OPDYPY[/j]
椎葉亜樹那「じゃあ、お前も俺を名前で呼べばいい」[j]8NHMZY OPDYQC[/j]
橘川冴子「へ?」
[j]8NHMZY OPDYPT[/j]椎葉亜樹那「その方が公平な気がするだろ。
[j]8NHMZY OPDYQK[/j]うん、そうしよう。さあ、呼んでみてくれ」
[j]8NHMZY OPDYQ1[/j]橘川冴子(何でこんなことに……)
[j]8NHMZY OPDYQA[/j]

[j]8NHMZY OPDYQA[/j]

[j]8NHMZY OPDYPF[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPX[/j]
振り返る前に、桐阪先輩は私の身体を
[j]8NHMZY OPDYQV[/j]鈴太朗から攫うように引き寄せる。[j]8NHMZY OPDYQ0[/j]

[j]8NHMZY OPDYPD[/j]そして、自分の背後に庇うと、
[j]8NHMZY OPDYQE[/j]私を見たまま、明るく笑いかけてきた。
[j]8NHMZY OPDYPX[/j]橘川冴子「桐阪先輩……」
[j]8NHMZY OPDYQD[/j]桐阪保「やあ、さえちゃん。君を愛する男として、
[j]8NHMZY OPDYPU[/j]黙って見ていられるシチュエーションじゃなかったから、邪魔させてもらったよ」[j]8NHMZY OPDYQE[/j]
桐阪先輩はウィンクしてから、鈴太朗の方を見る。
[j]8NHMZY OPDYPT[/j]鈴太朗が動揺している声が聞こえてきた。
[j]8NHMZY OPDYQR[/j]檜渡鈴太朗「あんた、何でここに……?」
[j]8NHMZY OPDYPN[/j]桐阪保「彼女に言い忘れたことがあって、
[j]8NHMZY OPDYQ9[/j]探してたら、保健室に入っていくの見たって、
[j]8NHMZY OPDYPE[/j]教えてくれた子が居てね」
[j]8NHMZY OPDYQV[/j]桐阪保「まさか、君が彼女を困らせるようなことを
[j]8NHMZY OPDYQC[/j]しているとは、思わなかった」
[j]8NHMZY OPDYPY[/j]桐阪先輩は私たちを交互に見て、クスッと笑う。[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]
桐阪保「なるほど。この子の顔色と場所を見れば、[j]8NHMZY OPDYQZ[/j]
どういう手を使って、呼び出したのか、予想がつくよ」
[j]8NHMZY OPDYPT[/j]桐阪保「怪我でもしたフリして、呼び出したんでしょ?[j]8NHMZY OPDYQA[/j]
騙し討ちみたいなことをして、元カレとして恥ずかしくないの?」
[j]8NHMZY OPDYPL[/j]檜渡鈴太朗「俺だって、本当はしたくなかった――って[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]
何で、あんたに注意されなくちゃいけないんだ!?[j]8NHMZY OPDYPF[/j]
俺が冴子さんと、どうしようが、関係ないだろ?」
[j]8NHMZY OPDYQZ[/j]桐阪保「関係ならあるよ。
[j]8NHMZY OPDYQ2[/j]だって俺とさえちゃんは、付き合ってるんだ」
[j]8NHMZY OPDYPS[/j]橘川冴子(え!?)[j]8NHMZY OPDYPE[/j]
突然の交際宣言に、私は混乱する。
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]私たちは付き合っていないのに、
[j]8NHMZY OPDYPC[/j]どういうつもりなんだろう?

[j]8NHMZY OPDYPY[/j]
[j]8NHMZY OPDYPI[/j]
[j]8NHMZY OPDYQO[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图
[j]8NHMZY OPDYQG[/j]
楠見先生が来た途端、
[j]8NHMZY OPDYQ5[/j]楡居君はあからさまに嫌な顔をする。[j]8NHMZY OPDYQ8[/j]
楡居凪「席、他にも空いている所があると思いますけど」
[j]8NHMZY OPDYQ8[/j]楠見清孝「気に入らないって顔だな。何かやったか?」
[j]8NHMZY OPDYPS[/j]楡居凪「オレにはやってませんけどね」
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]橘川冴子「あ、あの、食べませんか? 冷めちゃいますよ。[j]8NHMZY OPDYQF[/j]
私もさっさと食べたいなーなんて……」
[j]8NHMZY OPDYQ9[/j]楠見清孝「意味深な言い方だな。同じA定食同士、[j]8NHMZY OPDYQX[/j]
仲良くしたっていいじゃないか。[j]8NHMZY OPDYPW[/j]
それにお前の担任でもあるんだぞ?」[j]8NHMZY OPDYPY[/j]
楡居凪「ふん、もう少し教師としての自覚、
[j]8NHMZY OPDYQX[/j]持った方がいいんじゃないですかね」[j]8NHMZY OPDYQ2[/j]
橘川冴子(何で急にもめてるの……?[j]8NHMZY OPDYQ8[/j]
楡居君、今まで普通に楠見先生と話していたのに)[j]8NHMZY OPDYQD[/j]
楠見清孝「自覚といわれると自信ないなぁ……
[j]8NHMZY OPDYPT[/j]最近クジを諦めて真面目に
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j]やる気を出した所だからな」
[j]8NHMZY OPDYQ1[/j]橘川冴子「止めたんですか……?」[j]8NHMZY OPDYPH[/j]
楠見清孝「全然当たらないだろ?
[j]8NHMZY OPDYPK[/j]それに今まで相当つぎ込んでしまったからなぁ……[j]8NHMZY OPDYQC[/j]
ぼちぼち潮時だと思ってな」[j]8NHMZY OPDYPW[/j]
楡居凪「……ごちそーさん! お先!」
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]
————————————————————————————————————————————————————————————————
[j]8NHMZY OPDYPK[/j]2019/03/29[j]8NHMZY OPDYPO[/j]
公式サイトオープン
[j]8NHMZY OPDYQ9[/j]

[j]8NHMZY OPDYPF[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQ1[/j]
中高一貫校である冠咲かんざき学園に通う橘川冴子は、
[j]8NHMZY OPDYQZ[/j] この春から高等部へ進級。
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]
[j]8NHMZY OPDYPB[/j] これまで恋愛とは程遠い生活を送ってきたが、
[j]8NHMZY OPDYPS[/j] 大好きなラジオ番組のパーソナリティ・アルカンジェ舞渡華の言葉がきっかけで、[j]8NHMZY OPDYQ1[/j]
『初めての恋』を経験する。
[j]8NHMZY OPDYQ6[/j]
[j]8NHMZY OPDYPJ[/j] 恋することの楽しさ・喜び・幸福感を知ると同時に、
[j]8NHMZY OPDYPU[/j] 不安・寂しさ・切なさも味わい、[j]8NHMZY OPDYQ7[/j]
その初恋はやがて終わりを迎える――[j]8NHMZY OPDYQI[/j]

[j]8NHMZY OPDYQR[/j] 「恋なんてもうしない」
[j]8NHMZY OPDYPV[/j] そう誓った冴子の傷付いた心を癒したのは、
[j]8NHMZY OPDYPO[/j] 皮肉にも『新たな恋』の始まりだった。
[j]8NHMZY OPDYQ1[/j] [j]8NHMZY OPDYPI[/j]
しかし、また恋をすることに
[j]8NHMZY OPDYQ3[/j] 前向きになった冴子の心を、初恋の相手が再び揺り動かす。
[j]8NHMZY OPDYPR[/j]
[j]8NHMZY OPDYQC[/j] 『忘れられない過去の恋』『失恋の傷を癒した未来の恋』
[j]8NHMZY OPDYQT[/j] この二つが同時にやってきた時、
[j]8NHMZY OPDYPE[/j] あなたは最後にどちらを選びますか?
[j]8NHMZY OPDYPX[/j]
[j]8NHMZY OPDYQS[/j]
[j]8NHMZY OPDYQG[/j]

[j]8NHMZY OPDYPP[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQO[/j]
第一巻
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]入学式の日、学園の庭園で見つけたハリネズミを追いかけると、
[j]8NHMZY OPDYPM[/j]人知れず涙を流していた一人の男子生徒と出会う。[j]8NHMZY OPDYPX[/j]
それはクラスメイトの椎葉亜樹那だった。[j]8NHMZY OPDYPE[/j]
[j]8NHMZY OPDYQF[/j]
変わり者の亜樹那に気に入られ、半強制的に友達になったり、[j]8NHMZY OPDYPU[/j]
亜樹那の幼馴染である樫永和兎の秘密を偶然知ってしまったりと、
[j]8NHMZY OPDYQ1[/j]幼馴染同士のこの二人と深く関わることに。[j]8NHMZY OPDYQ1[/j]

[j]8NHMZY OPDYPB[/j]そして、冴子はやがて亜樹那に惹かれていき、初めての恋をする。[j]8NHMZY OPDYPE[/j]
亜樹那と和兎、二人を縛り付ける『ある過去の出来事』を知る由もなく――

[j]8NHMZY OPDYPB[/j]

[j]8NHMZY OPDYPI[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYPS[/j]
[j]8NHMZY OPDYPO[/j]

[j]8NHMZY OPDYPN[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQC[/j]
第二巻
[j]8NHMZY OPDYQW[/j]
[j]8NHMZY OPDYPZ[/j]入学式の日、高等部の生徒会長・桐阪保に
[j]8NHMZY OPDYQ5[/j]冴子の不注意でぶつかってしまったことがきっかけで、
[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]生徒会に強引に加入させられてしまう。
[j]8NHMZY OPDYQ5[/j]
[j]8NHMZY OPDYQK[/j]生徒会に入って初めての大きな行事である球技大会が終わり、
[j]8NHMZY OPDYPE[/j]ホッとしていたのもつかの間、なんとその日の放課後に[j]8NHMZY OPDYQD[/j]
下級生の檜渡鈴太朗に告白される。
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]
[j]8NHMZY OPDYQJ[/j]冴子は戸惑いながらも、勢いでその告白を受け入れる。
[j]8NHMZY OPDYPF[/j]保に言われた『ある言葉』を思い出して――
[j]8NHMZY OPDYQV[/j]
[j]8NHMZY OPDYQU[/j]

[j]8NHMZY OPDYPD[/j]
[j]8NHMZY OPDYQ8[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQL[/j]

[j]8NHMZY OPDYPS[/j]                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQZ[/j]
第三巻
[j]8NHMZY OPDYPC[/j]入学式の日、災難続きで疲れているところに
[j]8NHMZY OPDYQ5[/j]プレゼント応募シールのチラシを校内で拾った冴子。
[j]8NHMZY OPDYQB[/j]しかしそれは、日本史の教師・楠見清孝のものだと分かり、
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]すぐに取り上げられてしまう。
[j]8NHMZY OPDYPM[/j][j]8NHMZY OPDYPN[/j]
そんな清孝とひょんなことから、図書室で[j]8NHMZY OPDYQC[/j]
補習と称した二人の時間を共有するようになる。
[j]8NHMZY OPDYQM[/j]
[j]8NHMZY OPDYPP[/j]次第に惹かれあう二人だったが、ある出来事をきっかけに距離ができてしまう。
[j]8NHMZY OPDYQG[/j]そんな時、冴子のクラスに楡居 凪が転校してきて――
[j]8NHMZY OPDYPX[/j]
[j]8NHMZY OPDYPV[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQU[/j][j]8NHMZY OPDYQA[/j]
[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

[j]8NHMZY OPDYQR[/j][j]8NHMZY OPDYPJ[/j]
[j]8NHMZY OPDYPN[/j]
                               
需要注册成功才可查看大图

其他会员正在看的帖子

相关帖子

V0JSQkc=
发表于 2019-4-5 22:06:18
这又是二合一一起移植的?校园题材要是合并倒是挺好合并的[j]8NHMZY OPDYQF[/j]
当初似乎本来就没有必要分开贩卖吧,可能移植就是主要多一些后日谈?[j]8NHMZY OPDYPQ[/j]
看来只是单纯的移植,并没有打算加入新设定新人物什么的
[j]8NHMZY OPDYPX[/j]专注撒撒糖然后多画几张cg吧
回复

使用道具

V0JSQkc=
发表于 2019-4-13 13:10:40
我覺得這個作品步調算慢的,打一卷就會花很多時間了[j]8NHMZY OPDYQF[/j]
3合一的話打到一半就會感到疲勞吧w[j]8NHMZY OPDYQC[/j]
不過目前沒公布會不會有新要素
[j]8NHMZY OPDYPD[/j]以目前的劇情安排看來似乎很難加什麼新劇情,感覺還挺緊湊的
回复

使用道具

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注register册

本版积分规则

勋章|任务|道具|卡片|QQ绑定与解绑|提交BUG|手机版|Archiver|联系 翼梦管理员|联系 舞城管理员|☆翼の夢★舞の城☆聯盟 ( 苏ICP备13061143号 ) | 繁體中文化      

苏公网安备 32011302320404号

GMT+8, 2019-4-23 20:52 , Processed in 0.442184 second(s), 26 queries , Gzip On.      

Powered by Discuz! X3.X

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表 立刻刷新